精巧故に

オーバーホールとは

ロレックスなどのブランド時計はオーバーホールと呼ばれる定期的に時計を細かく分解して問題を起こしそうな部品がないか調べたり故障している部分を修理したりする定期的なメンテナンスを行なう必要があります。
時計はほぼ毎日身に付けて利用するものなので、比較的汚れなどが溜まっている事があります。そのような汚れを清掃するのもオーバーホールの時に行なうのです。
オーバーホールの際には車の定期メンテナンスのように必ず行なうように義務付けられているわけではありませんが、定期的にメンテナンスを行なわなければ重大な故障に繋がってしまう可能性があるので、3年か4年に一度は定期点検を行なって古いオイルを取り除き新しいオイルを注油して時計の状態を最高の状態に保つようにしましょう。

オーバーホールしない場合

オーバーホールを何十年サボってしまった場合は、古いオイルがベタついてしまい、汚れの定着に繋がってしまう場合だけでなく、パーツが摩擦によって消耗してしまうことから時計が正常に働かなくなってしまいます。
そのため、使用できない程消耗してしまった部品は交換しなければなりませんが、ロレックスなどのブランド時計は部品1つでもとてもこうかなので、オーバーホールを行なうよりも高い値段の修理を行なわなければならなくなってしまうのです。
そのため、定期的なオーバーホールは時計を正常に維持するために必要なメンテナンスだということを覚えておきましょう。